since 2005

(1) 曽根良明、大垣武、西尾圭史、松本睦良、安盛敦雄
 「多孔質チタニアワイヤによる自己組織化膜の光触媒援用微細加工」
 日本セラミックス協会・年会、東京大学、2006.3.14〜3.16

(2) 遠藤格、平瀬匠、松本睦良、長崎幸夫
 「PEG ブラシを有する温度応答性バイオインターフェースの設計と評価」
 第55回高分子学会年次大会、名古屋国際会議場、2006.5.24-26

(3) 酒井俊郎、鳥越幹二郎、Veerapat Tantayakom、柴田裕史、大久保貴広、酒井秀樹、阿部正彦
 「結晶性壁膜を有するナノスケルトンの調製」
 2006年度色材研究発表会、千葉工大、2006. 9. 5

(4) 戸澤新之介、柴田裕史、松本睦良
 「5’位にメチル基を有する両親媒性スピロピランのLB膜の構造と光誘起J会合体形成」
 第45回日本油化学会年会、東京理科大学野田キャンパス、2006.9.9

(5) 富岡岳人、柴田裕史、松本睦良
 「アラキジン酸・スピロピラン混合ラングミュア膜及びLB膜の構造とJ会合体形成」
 第45回日本油化学会年会、東京理科大学野田キャンパス、2006.9.9

(6) 蓮見拓哉、柴田裕史、松本睦良
 「末端に官能基を有するシランカップリング剤で作製した自己組織化膜の構造と反応」
 第45回日本油化学会年会、東京理科大学野田キャンパス、2006.9.9

(7) 渡邊智、柴田裕史、酒井秀樹、阿部正彦、坂本文孝、松本睦良
 「混合LB膜を用いたナノパターニング」
 第45回日本油化学会年会、東京理科大学野田キャンパス、2006.9.9

(8) 木村秀人、柴田裕史、松本睦良
 「三成分混合LB膜の相分離」
 第45回日本油化学会年会、東京理科大学野田キャンパス、2006.9.9

(9) 渡邊智、柴田裕史、酒井秀樹、阿部正彦、松本睦良
 「相分離混合LB膜を用いたテンプレート作製」
 第59回コロイドおよび界面化学討論会、北海道大学、2006.9.15

(10) 富岡岳人、柴田裕史、松本睦良
 「アラキジン酸・スピロピラン混合ラングミュア膜及びLB膜中での光誘起J会合体形成」
 第59回コロイドおよび界面化学討論会、北海道大学、2006.9.15

(11) 木村秀人、柴田裕史、松本睦良
 「シランカップリング剤を含む三成分系混合LB膜の相分離構造」
 第59回コロイドおよび界面化学討論会、北海道大学、2006.9.15

(12) 戸澤新之介、柴田裕史、松本睦良
 「5’位にメチル基を有する両親媒性スピロピランのLB膜の構造と光反応」
 第59回コロイドおよび界面化学討論会、北海道大学、2006.9.15

(13) 柴田裕史、澁井政隆、森田智朗、三原尚、大久保貴広、酒井秀樹、阿部正彦、松本睦良
 「壁膜に結晶構造を有するメソポーラス材料の調製」
 第59回コロイドおよび界面化学討論会、北海道大学、2006.9.15

(14) 蓮見拓哉、柴田裕史、松本睦良
 「末端に官能基を有する自己組織化膜の構造と反応」
 第59回コロイドおよび界面化学討論会、北海道大学、2006.9.15

(15) 三原尚、柴田裕史、大久保貴広、酒井秀樹、阿部正彦
 「ジェミニ型界面活性剤を利用した結晶性壁膜を有するメソポーラスチタニアの調製」
 第59回コロイドおよび界面化学討論会、北海道大学、2006.9.15

(16) 河野浩輝、柴田裕史、大久保貴広、酒井秀樹、阿部正彦
 「カチオン性シランカップリング剤処理表面への酸化チタン薄膜の作製」
 第59回コロイドおよび界面化学討論会、北海道大学、2006.9.15

(17) 澤本明日香、小倉卓、柴田裕史、大久保貴広、酒井秀樹、阿部正彦
 「界面活性剤を鋳型として用いた金属酸化物ナノカプセルの調製およびその物性」
 第59回コロイドおよび界面化学討論会、北海道大学、2006.9.15

(18) 荻野祐司、柴田裕史、向井達哉、大久保貴広、酒井秀樹、阿部正彦
 「窒素と硫黄をドープした可視光応答型酸化チタンの調製およびその光物性」
 第59回コロイドおよび界面化学討論会、北海道大学、2006.9.15

(19) 曽根良明,大垣武,西尾圭史,松本睦良,安盛敦雄
 「多孔質チタニアワイヤを用いた基板表面の光触媒改質」
 日本セラミックス協会・第19回秋季シンポジウム、山梨大学・甲府キャンパス、2006. 9. 19

(20) 澤本明日香、小倉卓、柴田裕史、酒井俊郎、大久保貴広、酒井秀樹、阿部正彦
 「有機テンプレートを用いたナノ形態制御金属酸化物粒子の調製」
 2006年材料技術研究協会討論会、東京理科大学野田キャンパス、2006.12.2

(21) 佐藤雅浩、柴田裕史、酒井秀樹、阿部正彦、松本睦良
 「混合LB膜を鋳型としたジルコニア薄膜の調製 Preparation of Nano-Patterned Zirconia Thin Films Using Mixed Langmuir-Blodgett Films as Templates」
 第17回日本MRS学術シンポジウム、日大、2006.12.10

(22) 佐藤貴寛、柴田裕史、渡邊智、酒井秀樹、阿部正彦、松本睦良
 「相分離ラングミュア-ブロジェット膜から構築されたテンプレートの無電解メッキ Electroless Plating on the Templates Fabricated from Phase-Separated Langmuir-Blodgett Films」
 第17回日本MRS学術シンポジウム、日大、2006.12.10

(23) 渡邊智、柴田裕史、酒井秀樹、阿部正彦、松本睦良
 「シランカップリング剤を含む相分離混合LB膜を用いたテンプレートの作製 Fabrication of templates using phase-separated mixed LB film containing silane-coupling agent」
 第17回日本MRS学術シンポジウム、日大、2006.12.10

(24) 間崎卓明、柴田裕史、松本睦良
 「フッ化炭素鎖を有するハイブリッドカルボン酸およびシランカップリング剤の合成と膜形成 Syntheses and Film-Forming Properties of Partially Fluorinated Hybrid Carboxylic Acid and Partially Fluorinated Silane-Coupling Agent」
 第17回日本MRS学術シンポジウム、日大、2006.12.10

(25) 戸沢新之介、柴田裕史、松本睦良
 「両親媒性スピロピランのLB膜の構造と光反応 Structures and Photoreactions of the LB Films of Amphiphilic Spiropyran Having a Methyl Group at 5’ Position」
 第17回日本MRS学術シンポジウム、日大、2006.12.10

(26) 富岡岳人、柴田裕史、松本睦良
 「アラキジン酸・スピロピラン混合ラングミュア膜及びLB膜の構造と光反応 Structures and Photoreactions of Langmuir and LB Films of Spiropyran mixed with Eicosanoic Acid」
 第17回日本MRS学術シンポジウム、日大、2006.12.10

(27) 蓮見拓哉、島崎行太、柴田裕史、松本睦良、坂本文孝
 「角度分解型X線光電子分光法による自己組織化膜の評価 Characterization of Self-Assembled Monolayers Using Angle Resolved X-ray Photoelerctron Spectroscopy」
 第17回日本MRS学術シンポジウム、日大、2006.12.10

(28) 木村秀人、柴田裕史、松本睦良
 「AFMを用いた三成分系混合LB膜の相分離構造観察 Observation of Phase-Separated Structures in the Mixed Langmuir-Blodgett Films of Three-Component Systems Using AFM」
 第17回日本MRS学術シンポジウム、日大、2006.12.10

(29) 曽根良明、大垣武、西尾圭史、松本睦良、安盛敦雄
 「多孔質チタニアマイクロワイヤを用いた自己組織化膜の光触媒分解・加工」
 日本セラミックス協会・年会、武蔵工大、2007. 3. 21

(30) 酒井俊郎、戴樹璽、矢野花映、三原尚、柴田裕史、鳥越幹二郎、坪根和幸、Veerapat Tantayakom、内海重宜、大久保貴広、酒井秀樹、阿部正彦、坂本一民、佐野智、越川尚清、足立聡、小林智之、田中哲夫
 「ナノスケルトン材料の創製 −チタニアナノスケルトン材料形成に及ぼす界面活性剤・温度・前駆体濃度の影響−」
 日本化学会第87春季大会、関西大学、2007. 3. 26

(31) 三原尚、酒井俊郎、柴田裕史、坪根和幸、大久保貴広、酒井秀樹、阿部正彦、坂本一民、佐野智、越川尚清、足立聡、小林智之、田中哲夫
 「ナノスケルトン材料の創製 −ジェミニ型界面活性剤を用いたチタニアナノスケルトンの調製−」
 日本化学会第87春季大会、関西大学、2007. 3. 26

(32) 矢野花映、酒井俊郎、三原尚、柴田裕史、大久保貴広、酒井秀樹、阿部正彦、坂本一民、佐野智、越川尚清、足立聡、小林智之、田中哲夫
 「ナノスケルトン材料の創製 −可溶化を利用したチタニアナノスケルトンの細孔径拡大−」
 日本化学会第87春季大会、関西大学、2007. 3. 26


戻る
学会(2006年度)